🐖JIMTOF2022 に行ってきました🦏

企画・情報システム担当 佐藤です。

リアルでの開催は4年ぶりだったんですよね~

実は私、JIMTOFに行くのは人生初でございました(笑)

国内最大の展示会という事で、胸を膨らませ11/12㈯&11/13㈰の2日間行ってきました。

東京駅にて無事迷子になり、1時間ほど足止めを食らいながら地元から1歩も出た事の無い田舎者が頑張ってたどり着いた会場が…

✨ 東京ビックサイト✨

ゆりかもめを降りた段階で既にちょっとテンションが上がります。

そして開場前の長蛇の列👀
こんなに並ぶのはナガスパのホワイトサイクロン以来です🌪

とにかくどのブースも

人!人!!人!!!

(各ブース原則「撮影禁止」となっていたので中の写真がお見せ出来なくて残念でなりません…熱気を伝えたかった!)

会場に入ってからもとにかく広い!さすが国内最大の展示会ですね。

各工作機メーカー、切削工具メーカーが新しい商品の展示、実演、プレゼンテーション等々が行われており、

来場者の皆様が真剣に見学し、説明を聞いてらっしゃいました!

金曜日が一番混んでいたと聞きましたが、土曜日の会場もなかなかすごいです(苦笑)

その中でも各社力を入れていたのが最近よく聞くこのワード…

『SDGs&カーボンニュートラル』

・・・(´・ω・`)< SDGs 何それ美味しいの??

SDGsとは 「Sustainable Development Goals」を略したもの、「持続可能な開発目標」と呼ばれる国際社会共通の目標なんですね。

製造業における、SDGsへの取り組みとして、CO2の削減、プラスチックごみの問題や、エネルギー資源等…

端的にいうところの 省エネ を意識していきましょう!って事ですね!

一説によると、日本の電気約4割が製造業が消費するのだそう。

そうなると工作機械業界にもSDGs、カーボンニュートラルの考え方が求められるようになってきますよね!

切削工具に関しても、各メーカー生産性向上を計る事により、カーボンニュートラルを意識されていると感じました。

そしてこちらも近年非常に🔥激熱🔥なワードである…

『自動化、省人化』

人手不足が深刻化しつつある昨今ですが、少ない人数で、なるべく多くの機械を稼働させたい!

特に多軸ロボットアームを活用した自動化のご提案等非常に多いのではないでしょうか?

ブースによっては、ロボットが来場者にカタログや粗品等を配布していたブースもあるくらい…

また今後、自動化、省人化に伴い、アップグレードされるにつれて大型化していく機械

新たに設置するロボットや安全なスペース、動線を確保する等

限られたスペースを有効に活用する事も考えていかなければならないと感じました。

そしてもう1つ目を引いたのが

『デジタル化、IoT化』

デジタル化、IoT化、AIの活用等、を製造業にどのように落とし込み、進めていくのか

各社様々なアプローチの展示がありました!

IoTによって工場の見える化を進める物、図面にバーコードを貼り、工程、納期管理等行う物

機械、工具、ストックされたデータを取り込み、シミュレーションを行う物等

未来の製造業の姿がそこにあったのではないかと感じました!

新しくできた南展示棟を含め、全館使用で過去最大規模の開催となった今回のJIMTOF2022

「1日でがっつり見てやろう!2日目は東京観光だ~(∩´∀`)∩」←ゴメンナサイ(笑)

なんて思っていましたが…

到底すべて回れるはずもなくヘロヘロになりながら2日間見学しました(苦笑)

見たい物が多過ぎますよ~

閉場時間の東京ビックサイト🌇
上を見ると鳥もビックサイトでした🐦🐦

人生初のJIMTOF、非常に刺激になるいい経験となりました!

今後は2年に1回行われるのでしょうか?新型コロナが落ち着くことを祈るばかりです!

次参加する時は、マスク無しで東京湾の潮風を顔全体に浴びながら来場できたらと思います。

(ついでに東京湾のボートシーバスを少しばかりできたらもっと楽しいかなぁ…🎣(笑))

以上!少し遅めのJIMTOFレポートでした!